ミルボン ディーセス 

ミルボンにはディーセスというブランドがあります。「女神のように美しく輝く髪とデザインを」という意味で生まれたそうです。美容院などでよく使われていますね。私もこのシリーズは好きです。

結構いろいろなものを使ってみましたが、一番自分の髪にあったのはこのでした。元々髪もぱさついて、ひろがる傾向のあった髪が梅雨時期も気にならないほど、毛先のおさまりもよく、ツヤツヤサラサラな手触りに。
ミルボンディーセスレミューフルイド 100g
私が使っていたのはミルボンのディーセス・レミューで洗い流さないでいいトリートメントです。
クリームタイプのもので付けた後はべとつきもなく、香りがいいんですよ。パサつきを考えるとディーセスレミューフルイドというほうを使うほうがいいのでしょうがゴワつきのほうも気になっていたので・・・

これからの季節暑くなりますが、そこで一つ欲しいなと思ったのは美しい髪を保つためにもまずは、頭皮にも気をつけてあげないと!と思ってミルボンのディーセス・リーファの頭皮ベースケアシリーズ。頭皮のクレンジング、頭皮と髪のトリートメント、頭皮と髪の機能を整えてくれるという本当にこれから汗をかきやすくなる季節にはもってこいなケアシリーズ。

 

ミルボン アウフェ 

ミルボンのディーセスシリーズアウフェ(AUFHE)があります。
ミルボンディーセスアウフェシャンプーベースバランスB 1000ml(詰替用)
これはどんなものかというと、トリートメントとシャンプーです。毎日手入れをして毛先まで手入れが行き届いていて美しい髪の人にはもっと上質な髪に、そしてさまざまな毛先のアクシデントに悩んでいる人にとってもいいシャンプー、トリートメントになっています。

ヘアデザイナーがいろいろな毛先の現象にあわせて、そしてその原因に対応するものを作り上げてくれました。ミルボンのディーセスシリーズにアウフェ(AUFHE)はシャンプーは3種類、トリートメントは5種類ありますが、どれを使ってもいいというわけではありません。

髪の原因にあったものを使って改善してもらうためには、自分でこれがいいかな?と選ぶのではなく出来れば美容師さんにアドバイスを貰うといいでしょう。

一度聞いておくと今後のシャンプー、トリートメントを選ぶときに役にたつのでは?絡まりやすい髪にはアウムースリッチとベーススムース、細かくハネてしまう髪にはアクアキャリーとベースアクア。と、いったように、髪のトラブル別にシャンプーとトリートメントが組み合わせるのですが、自分では本当にどれがいいかわかりません。

ミルボン シャンプー

最近私がはまっているのはシャンプーやトリートメントなどの美容室サロン向けに商品開発されたアイテムの通販。特にその中でも「ミルボン」というメーカーのシャンプー・トリートメントがお気に入りです。
私は縮毛矯正のストレートをかけていて、普段からくせ毛が悩みの種なんですが口コミでそんな私にピッタリ合いそうなシャンプーを見つけて購入してみたんです。

それが「クレーデ ブライアント」のシリーズ。
クレーデブライアントはダメージのあるくせ毛をみずみずしく、しなやかに補修してくれてくせ毛の内部にまで水分を浸透させる事で生えぐせとくせ全体の広がりを抑えてくれるそうです。そしてトリートメントもシャンプーと同様に、くせ毛をしっとりとさせ、元々ストレートだったんじゃないかというくらいの仕上がりになるのでビックリしてしまいました。

確かにお値段も普通のシャンプーよりは高くて、主婦の私にとっては贅沢なのかもしれませんが、このミルボンの「クレーデブライアント」を使うことで、1年間で美容院に通う回数が減りました。それだけこのミルボンのクレーデブライアントのシャンプーが縮毛矯正の効果を長持ちさせてくれるんだと思います。

私は運良くこの「クレーデブライアント」に出会ったので他のミルボンのシャンプーは試していないんですが、
ミルボンのシャンプーで一番人気なのは「ディーセス」シリーズだそうです。ディーセスの最新シリーズである「ディーセス ノイ」。様々な毛先の状態に個別に対応してくれる「ディーセス アウフェ
ミルボンの定番ヘアケアでお値段も手頃な「ディーセスシリーズ」。

シャンプーを変えてみようと考えている人はぜひ一度ミルボンの製品も試してみてください。本当にお勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。